« 久しぶりの東北旅行記1 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記3 »

2007/09/25

久しぶりの東北旅行記2

【9月25日(火) 太平洋を独り占め】

 明けて火曜 何だか大阪はじゃじゃ降りだそうで こっちは晴天続き やっぱり日ごろの行いがいいからね とそんなこと自分で言うなと

 きょうは岩手~青森を時計回りにぐるっと回るツアーです

【盛岡→八戸 7:59発はやて95号】
 仙台市始発のはやて号で八戸へ向かいます 時間があったんで甥っ子のために「はやて」と「こまち」の連結シーンを動画撮影 連結場所に行くと

161

 まあ子供なりにいろいろ苦労しておるわけです

 という話は置いておいて

 あれほど遠かった青森県 新幹線なら盛岡から30分少しです 時代は変わったもんです 新鮮な驚きとともに八戸下車

045

 ずいぶん印象変わっちゃったですね でも在来線はそのままで なんとなく昔来た勘が甦ったり

【八戸→鮫 9:06発鮫ゆき】
 八戸で時間があったので 少し先に足を延ばして鮫まで 昔「青い鳥」ってTBS系ドラマがあって 田中美佐子とトヨエツが不倫して逃げちゃうドラマなんですけど この鮫が逃避中に滞在した場所としてロケ地になってたりして そのへんぶらぶらしてました

059

 結構ええ雰囲気でしょう 「島向踏切」言います 向かいは蕪島 このほかにも雰囲気のいい踏切が多くて

 八戸まで来て踏切コレクション(でも前からちょっとやってみたかった)

【鮫→有家 10:38発久慈行き「うみねこ」】
 鮫からは「うみねこ」 愛称がついてますが車両がちょいと特別なだけで普通列車 シートがリクライニングになってます 車内は広島から来たというツアーらしきおばちゃんで満杯 平日なんで会うのはキホンおばちゃんの団体ばかりです

 有家駅 この駅は前から訪れてみたくて 太平洋がまん前なんです 事前に調べたけど検索で引っかかってくるのは島原鉄道の有家(ありえ)駅ばかり 「秘境駅」ですら行ってない まさに情報がない駅

 で 着きました

Img_7552

 すごいっ 誰も居ない!

 そもそもこの駅を訪れようと思ったのは 昔どこかでみた一枚の写真 少し高い位置から海を向いて撮った写真
 それを撮るには…

092

 ここ登るんかよ(推定標高5メーター)

 誰も居ない駅 腰まで伸びた雑草 マムシが居たらそれまでよ ということも気にせず登りました

Img_7565

 正直 登って良かった思いました 目の前には一面に広がる太平洋

 この景色 独り占めしていいんやろうか? 

 そんな気さえする初秋の午後 心が洗われるって こういうことをいうんだろうなあ 次の列車までの2時間本当に退屈するということがありませんでした

【有家→久慈 13:36発久慈行き】
 この日のメインディッシュは大変おいしゅうございました もう満腹

 ここからは岩泉へ向かいます

100

【久慈→小本 14:12発宮古ゆき】
 乗り換えた三陸鉄道 こちらもツアーで満杯結局席はなく田野畑まで立ち席 途中の橋梁でサケをとっている風景を眺められたのは良かったです

106

 どうでもいいことですが三陸鉄道 車内販売が乗ってました ある意味すごいですね

 途中の堀内駅は太平洋が遠望できる素敵な駅 あかん また懸案が増えてもうた

【小本→岩泉 15:40発岩手県北バス岩泉駅前ゆき】
 小本駅 以前もここからバスに乗り 龍泉洞を見た後岩泉線で帰るコースでした 前回とはバス事業者が違ってたりでちょとした変化もありながらベースは変わらずやっぱり安心

 そういえば昼飯まだ食ってなかったなー ということで駅併設の売店を捜索 見つけたのが「しょうゆパン」

 名前に惹かれて買ってみました

 味 ビミョー…

 昼3時過ぎのバスはスクールバスの様相で バス停がひとつずつ過ぎるごとに子供たちは居なくなり 岩泉に差し掛かるころには2人だけになりました 運営はなかなか大変だと思う一面が垣間見えます

Iwaizumi

 着きましたよ濃い駅

 なーんも変わってないですね 駅前のタクシー乗り場に屋根が付いたくらい

120

 ひろーい待合室 出札では高校生が定期券を買ってました この駅から学校に通うのって大変だと思う

118

 文字通り看板を下ろした観光案内所 今まであったというのがすごく不思議 この右手には商工会議所に上がる階段があるのですが 何か憑き物が居そうな雰囲気だったので 写真撮るのはやめました

 しばらくすると宮古からの列車到着

123

 この雰囲気 何ともいえないですね 車内は貧血などどこ吹く風といった鉄分の多さ 10人ほど居ましたがその半分ほどが同業者 平日なのに 

 この路線の存在意義がよくわからなくなってきました

【岩泉→茂市 17:20発茂市行き】
 ということで出発 秋の日は釣瓶落とし すぐに暗くなり 押角駅へ着くころには辺りはすっかり真っ暗 今日はここで一泊

 しませんよ(笑)そんな根性ないです

【茂市→盛岡 18:31発盛岡ゆき】
 やってきた茂市駅 ここも独特の雰囲気があって好きです 夕方しか来たことないところですけど 岩泉線の列車と山田線上下列車の交換があり 一日に何度あるのかなという構内がにぎわう瞬間 岩泉線からの乗客はほとんどが宮古行きに乗り換え ここからだと宮古へ出て泊、というのが一般的なのでしょうね こちらは明日五能線をめぐるので盛岡泊です

 乗り換えた盛岡行き 高校生も含めてにぎやかでしたが川内までにほとんど降りてしまい 区界峠を越えるのは1編成で4人 うち同業者2名

145

 この人数の少なさ 雰囲気はほとんど夜行列車です 路線として維持するのは大変だと思います 何とかがんばってほしいもんです

 盛岡到着は21時前 明日は今回の旅行のメイン 不老ふ死温泉です

|

« 久しぶりの東北旅行記1 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/16832915

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの東北旅行記2:

« 久しぶりの東北旅行記1 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記3 »