« 久しぶりの東北旅行記3 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記5 »

2007/09/27

久しぶりの東北旅行記4

【9月27日(木) 熱い一日】
 
 能代のホテルを出て、人気のない道を歩いて駅まで来ましたら、駅はちょうど着いた列車から多数の高校生が出てくるところでした

 そうか、今日平日なのね…。

 みどりの窓口に行き、もしもし券売機kaeru君のお世話になり、今日乗る予定の「リゾートしらかみ号」の指定券を取るんですが

  注文?すると乗車券の種類を聞かれ、「五能線パス見せてください(カメラのところに置いてください)」という。出てきた指定券の金額欄には「***」の文字。どうもこのきっぷでは指定を無料で受けられるらしい。

 …めっちゃ得じゃん!

 と
 
 渇望していた割にはきっぷの特質をまったく理解していないどころか「おしらせ」すら読もうとしないワタクシ

 しかもそのお得な情報を利用最終日に気づくおまぬけさ

【能代→十二湖 8:06発弘前行き】

 ということでわざわざ能代に戻って泊まったのは深浦近辺に「楽天」で取れるビジホがなかったからでして 乗った列車の車掌さんが昨日と同じ方でどうも、みたいな感じで挨拶をしつつ

 まったりとした雰囲気の中列車はしめやかに十二湖到着 昨日の下調べどおりバスに乗って十二湖(青池)に向かいます 駅からは30分程度で到着

Aoike

 めっちゃきれいですやろ 「青池」といい その名のとおり湖の水が透き通った青色をしています

 諸説あるようですが未だにどうしてこんな色になるのかということは科学的に解明されていないそうです

 さすが神秘の宝庫白神山地(のふもと) 油断なりません

 あたりをふらふらしてますと何だかほんとにふらふらしてきまして どうも熱があるようです 薄着でうろうろしてなのが災いしたのかもしれません 駐車場のテーブルに突っ伏しまして

 う~…


 寝てた。


 まあそんなこんなでもう少しいてたかったのですが仕方なく早めのバスで折り返します

【十二湖→深浦 12:03発深浦行き】

 ということでこの列車実は昨日東能代から艫作まで乗った列車 本数が少ないとこういうことってありがちッスね

 深浦で1時間ほど時間があったので周辺を散策 しんどいなら寝てりゃあいいのに(笑

Fukaura

 でもおかげで雑誌などでよく見る光景にめぐり合うことができました ここから撮ってたのね と

【深浦→五所川原 13:39発 リゾートしらかみ3号】

 ここからは比較的まったり 指定も取ってあるので楽チン 窓辺を流れる日本海を眺めつつ全車指定の快速に乗っているというだけでちょっぴりハイソな気分になる自分
 
 
 
 安っ
 
 
 
 この「リゾートしらかみ3号」 3往復の中では唯一の千畳敷停車 停車時分もありますしせっかくなんでちょっと散策

 280

 あーたぶん千畳は敷けますわ 以上

 列車は鯵ヶ沢に到着 鯵ヶ沢って舞の海関の故郷ですよね そういえばあの人シリコン入れたんやったっけと意味のわからんことを思い出しつつ景色を眺めていると三味線を持ったおばちゃんの一団が乗車

284

 突然始まる津軽三味線ライブbyおばちゃんinリゾートしらかみ これから先五所川原まで歌いっぱなしの25分(笑)幸い?先頭車の指定席だったので目と鼻の先で見られました(ちなみに後ろの車両の人はスピーカーを通して聞きます)

 列車は五所川原に到着 ばたばたとそして轟然と降りていくおばちゃんを見てせわしないなあと思いながら

 なかなか大変な仕事です

 ここから先は陸奥鶴田まで津軽弁で昔話を語るという「語り部おばちゃん」が添乗しますがこちらは聞けずじまい

【五所川原→木造 15:12発リゾートしらかみ4号】

 さて五所川原まで来ておきながらわざわざ木造まで折り返します しかもまたもやリゾしら 指定無料で取り放題のフリー切符なのでそれはもう湯水のように使ってしまいます 青森まで来て電車ゴッコ でもそれはそれでちーとばかしハイソな気分
 
 
 
 安っ
 
 
 
 さっき降りた三味線のおばちゃんは僕と同行路で折り返すのかと思いきや駅の改札へ これから乗る秋田行きには乗らないようです 五所川原中心で回転してるんでしょうか その正体は謎のままです

 さて木造ですが一点を除いて特に何を見るということもなく町を1時間ほど散策します 来てから知ったのですがこの町 割と古い建物が多いです

286

288

 でもやっぱり木造といえばこれでしょう(=見たかった一点)
285

 すげえよ

 当地が遮光器式土偶の出土地ということで まんまそれをモチーフにした駅舎ですがそれにしてもインパクトありすぎ 列車が近づくと目が光るという凝りよう

 目のほうは「子供が怖がる」という苦情を受けて点滅をやめていたらしいですが今日現在復活してました

 古い町並みに奇抜な駅舎

289


 これって溶け込んでるんやろか…


【木造→川部 16:04弘前行き】

 このあたりからは弘前まで列車の本数は多いです だからできるこの珍妙な芸当ていうかしないですよね普通

【川部→青森 17:19青森行き】

 まだまだ国鉄風味が残る川部駅でのりかえ

292

 列車も国鉄色が来て満足 いえこれに乗ると深浦戻っちゃうので乗りませんけど こちらが乗るのは701系

 青森着は18時前 風邪気味だったのでさっさとチェックインしてさっさと寝ましたとさ 晩飯の「ほたてラーメン」はちょっと微妙…

|

« 久しぶりの東北旅行記3 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/17035632

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの東北旅行記4:

« 久しぶりの東北旅行記3 | トップページ | 久しぶりの東北旅行記5 »