« きょうは… | トップページ | 新聞拾い読み »

2007/11/18

来年度もブルトレ削減

 以下、朝日新聞の記事から。

 来年以降の改正で、いわゆる「ブルートレイン」が廃止されていくようです。利用率の低迷が原因だそうで、夜間人員の確保困難、車両の老朽化も影響しているとのこと。

 2008年度春の改正では、
 ・「なは」「あかつき」「銀河」→廃止、
 ・「日本海」「北斗星」→2往復から1往復に

 2009年度の改正では、
 ・「はやぶさ」「富士」→廃止

 と続くようです。2009年時点で大阪以西を走るブルーレトインはなくなり、東京駅発の客車寝台は消滅するとのこと。寂しい話ですが、時代の要請とあれば仕方のないことなのかもしれません。とりわけ大減便となる九州地区からは廃止反対の声も出そうですね。

 とはいえ、少し前に車両関係でてこ入れされた「サンライズ」などは残るようで、夜行列車すべてが廃止となるわけではないのですが、夜遅くに出て、朝早くに着く旅程は非常に便利だったのですが…。残念でなりません。

393

|

« きょうは… | トップページ | 新聞拾い読み »

コメント

 そうですか…。車齢の問題や新車投入の可能性を考えれば、消滅が時間の問題である事は分かっていましたが、良い意味でも保守的な鉄道経営を続けてきたJR西日本や、夜行列車を「文化」として捉えてきたJR九州も遂に大鉈を振るったとなると、時代の変化を感じずにはいられません。
 「銀河」の廃止はかなり前から噂に上っていたそうですが、東京〜大阪間の移動は絶対数が桁外れに多く、様々な需要が考えられるだけに、少々乗車率が低迷したぐらいではなくならないと思っていました。「サンライズ」や座席特急への置き換えなどではなく、完全廃止になってしまうんでしょうか…。

投稿: ゴエン | 2007/11/25 23:20

 そうらしいです。来年の改正はすでに作業に入っているでしょうから決定事項、再来年の「はやぶさ」「富士」については新聞によると関係JR会社間の担当課長レベルで合意が取れているそうです。

 僕も「銀河」はなくならないと思っていたんですがねえ…。「ふるさと雷鳥(以前の新潟雷鳥)」や「ちくま」のように、多客期に臨時で残る可能性はあるかもしれませんが…。

 おっしゃるようにJR九州とJR西日本が首を縦にふるほどなので、先行き(なくなるまでの長さ)はネガティブに捉えたほうがいいようです。

投稿: Yokochan | 2007/11/26 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/17109095

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度もブルトレ削減:

« きょうは… | トップページ | 新聞拾い読み »