« しねきゃぷしょん | トップページ | 神戸街歩き »

2008/03/15

おおさか東線開業

 春はダイ改の 季節です♪

  みんな乗り鉄に 行くんです♪ ←元ネタ分かる人は確実に30代以上

 今日はダイヤ改正。JRの「おおさか東線」に乗りに行ってきました。

 今回の開業区間は予定されている新大阪~放出~久宝寺のうちの南側部分(放出~久宝寺間)。全線開通はさらに先になる模様です。

 朝8時過ぎ、久宝寺駅へ行くと開業式典やってました。もう電車はガンガン走り始めてますけどと思いながらも見てしまいました。式典に入ると人だかりは増え始め、式典の司会や挨拶に発車案内のアナウンスは被る、ホームの端まで人があふれるので発車する電車の運転手さんはものすごく険しい顔をしている、などなど、混沌としているというかやや収拾つきにくい中式典は進行、ともあれ、

Osakahigashi10_2

  ぱかっ

Osakahigashi2

 おめでとうございます

 思わず見入ってしまいましたが、電車に乗って移動。

Osakahigashi1

 線内折り返しの普通電車は奈良の201系が主に担当するようです。奈良にも201系増えてきましたね。行き先表示は

Osakahigashi8

 このような感じ。行き先のほかに路線名が入ってます。これと統一するように

Osakahigashi9

 大和路線のほうにも路線名が入るようになりました。さて今回新規開業したのは5駅。せっかくなので全駅途中下車です。

Osakahigashi3

 もともとこの路線は城東貨物線という貨物線で、50年ほど前から旅客化の要請はあったものの財政難から実現せず、今回晴れてその願いがかなった路線。旅客化のさいに複線化もされましたが用地買収は必要最小限にとどめたらしく、途中駅は新加美を除いて島式1本(新加美は相対式)のみ。加えてほぼ全線が高架ということもあり、ちょっと個性には乏しいかもしれません。建設の経緯は武蔵野線に似てますね。

Osakahigashi5

 電車はデータイム15分に1本。運転間隔はまったりしてます。大都市外縁を回る路線なので旧来の大阪市内から放射状に伸びる路線網をことごとく交差、よって新加美とJR長瀬以外は乗換駅になっています。このあたりも武蔵野線と似ています。

 JR俊徳道では近鉄大阪線俊徳道と、JR河内永和では近鉄奈良線河内永和と、高井田中央では大阪市営地下鉄中央線高井田と乗り換えです。実際行ってみて分かったのですが、新設線には珍しく、乗り換えはかなり便利にできています。駅名が違うので、”本家”とは少し離れた位置にあるのかと思っていました。微妙に名前を変えたり、特に「JR」を冠する必要はないと思いました。寧ろそうすることによって乗り換えできないと思われてしまうかもしれません。

Osakahigashi6

 予想以上にJR俊徳道とJR河内永和は近いです(営業キロ上は600m)

 この路線を走るのは普通電車ともうひとつ

Osakahigashi4

 直通快速です。何ですやろかどやさそのまんまですやんかという名前、「○○路快速」という名前は走るコースからは付けにくいかもしれません。時期を同じくして阪和線にも同じ種別が登場するようです。

 おおさか東線の直通快速は1日4往復。車両は223系を使用、奈良から出発、おおさか東線内は無停車、放出から学研都市線に入り尼崎までの運転だそうです。4往復は少ないなあと思いましたが、乗り入れ先が本数多いから仕方ないのかもしれませんね。

 ちなみに今回気になったのは新加美駅。

Osakahigashi7

 この傾いて止まりっぷりはすごい(笑)そして駅を出ればすぐ大和路線の加美駅。何か、ビミョーに利用者が少ないような予感…。

 ということでさらっと眺めてきたおおさか東線、部分開業で真価発揮はもう少し先になるかもしれませんが、初日はおおむね好調な滑り出しだったようです。

|

« しねきゃぷしょん | トップページ | 神戸街歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/40510034

この記事へのトラックバック一覧です: おおさか東線開業:

« しねきゃぷしょん | トップページ | 神戸街歩き »