« 京阪中之島線、あす開通 | トップページ | 続・中之島線 »

2008/10/19

京阪中之島線、本日開通

 ということで、本日京阪中之島線が開通したので、試乗に行ってまいりました。

 たまたま早く起きたので、昨日開業したJRの桂川駅と、春に開業したものの、行かずにそのままになっている島本駅に行ってきました。

Imgp5293

 島本町の玄関口です。町が結構出資したのか、駅舎は立派なもの。発車メロディの「人間みな兄弟~夜がくる」はサントリーのCM曲で、これは工場最寄駅・山崎のを横取りしたような気がしないでもなく(笑)

 さて桂川ですが、どうも漢字だけを見ると九州の「けいせん」を思い出しますが、「かつらがわ」です。

Imgp5297

 駅周辺はまだまだこれから開発していくといった感じ。どうしてこんなところにと思いましたが、最寄りの他社駅が最近開業した阪急洛西口駅で、妙に納得。

 さて桂川駅、さきほども触れましたが全国で3つになりました。函館本線、東海道本線、筑豊本線。ということで、

Imgp5388a

 入場券の表記には線名を示す(東)が入れられています。字が字だけにJR東日本みたいにも思えます(笑)

 そして昼からは京阪中之島線へ。淀屋橋で同行者と待ち合わせます。とりあえず中之島線との接続駅・天満橋まで出てみます。結局全駅に下車しましたが、全線地下とあって、単調になりがちな構内に彩りを添えるためかはたまた誤下車?防止のためか、壁面は各駅ごとに違う素材が貼り付けられているのが印象に残ります。

Naniwabashi

 なにわ橋は、レンガ

Oebashi

 大江橋は、石

Watanabebashi

 渡辺橋は、金属

Nakanoshima

 終点・中之島は、木

 こんな感じになってまして、こうやって並べてみますと、それなりに個性的です。配線は途中駅はいずれも1面2線の島式ですが、終点の中之島のみが1面3線の変則的な配線になっています。

Imgp5338

 駅舎などはどこも似たような感じですが、なにわ橋駅だけはコンコースが吹抜けで、目を見張るものがあります。

Imgp5301

 温かさを感じる、結構いい雰囲気ですよね。

 線内の種別は快速急行と区間急行の2種が主流。区間急行はいろいろな車両が入りますが、快速急行はこちら

Imgp5344

 この3000系が使用されます。

Imgp5371

 車内はこんな感じで、落ち着いたデザインはオフィスビルのロビーに居るような雰囲気になります。「都会的」という表現が一番ぴったりするでしょうか。

 さてさて、開業初日は午後から出かけたということもあるのか、構内にめぼしいイベントはなく日常の雰囲気でしたが、主要駅ではカメラを手にした人たちがいっぱいで、開業の熱気を目の当たりにしました。

 しかし何ですねー、京阪の下りといえば行先は「淀屋橋」か「天満橋」という固定観念があるワタクシ、

Imgp5380

 この行先は違和感ありまくりです。慣れるまでちょーっとばかし時間がかかりそうですね。

 ちなみに昨今の新線開業にありがちな運賃上乗せがここでもありまして、中之島線内のみ利用の場合は初乗りが210円のようです。乗り降りするには費用がかかるなあ、とお考えのあなた!12月25日までの期間限定で、便利な1日乗車券「水都・中之島1Dayチケット」が発売されています。淀屋橋・中之島~京橋間が利用可能エリアで、線内で購入すれば破格の500円。ご利用くださいませ♪

Imgp5388b

 …JR東西線から数えて、大阪市内の東西公共交通を支える第2弾・中之島線が開業しました。来春には阪神難波線が開業します。これら開業が、沈滞気味の大阪経済再興の起爆剤となりますかどうか。期待したいですね。

Imgp5326

Imgp5303

|

« 京阪中之島線、あす開通 | トップページ | 続・中之島線 »

コメント

 とうとう開業しましたね。
 話題性という点では、来春開業する阪神なんば線の方がインパクトが大きいだけに、ちょっと陰に隠れてしまっている印象もあります。しかし、最近の大手私鉄(東京メトロは別として…)の新線開業って、乗り入れ先の地下鉄との短絡線や、空港連絡鉄道ばかりだった様な気がします。第二種とはいえ、そういうのではない、純粋に沿線のために造られた(ちょっと主観が入った線引きかもしれませんが)新線の開業って、大手私鉄では、かなり久しぶりではないでしょうか。
 中之島駅は「木」が基調なんですね。地下駅では本物の木の使用は厳しく制限されているはずなので、実際は木目をプリントした不燃性建材なのだろうとは思いますが、それだけに、木の風合いを前面に押し出した地下駅は、なかなか斬新だったのではないでしょうか。

投稿: ゴエン | 2008/10/19 23:42

>ゴエンさん
実は、関西では(開業時期の関係もありますが)案外中之島線の認知度は高いようです。広告の手法が上手いような気がします。キダタロー氏を起用して歌を作ったり、まあベタなんですけど、ベタすぎないというか、こってりしてないというか。結構おしゃれなんですよね。書いていただいて気がつきましたが、大手私鉄では単独の路線開業って、本当に久しぶりだと思います。

そしてこちらも言われてみれば…なのですが、地下で、木ですよね。気になったので今日行ってきました。手で触れられる範囲、ということであくまで改札階コンコースに限ったこと(コンコースは、多くの駅がこのような木目デザインです)なのですが、叩くと木の音がしますし、隣の壁材とは凹凸で継がれており、釘で打ち付けられた部分もあり、芯までそうなのかは分からないのですが、どうやら本当の木(外見は無垢材っぽい)のようです。ただ、内装なので施工後そんなに日は経っていないはずなのに、木の香りというのはあまり(というかほとんど)しないんです。このあたり、何か特殊な加工がされているからなのかもしれません。ホーム側壁のものはさすがに分からないのですが、ホーム階とでは基準が違うのかもしれませんね。

投稿: Yokochan | 2008/10/20 20:34

こんばんは。
開業日に本当は乗りに行きたかったのですが、諸事情あって断念しました。

開業前から京阪のCMも頻繁に見てました(実は)
“おけいはん”のCMも見てたんですが、徐々にキダタロー色が付いてきてるのは気にはなってました。どの映像でもキダタローの影が…というか(笑)

今回色々ニュース等読んでみて思ったのが、
中之島自体、関西以外の人はよく知らないんじゃないかと。自分も未だに行ったことがない一人ですが、まさかあの周辺が大阪の中心部とは意外な感じがしました。逆に鉄道からは微妙に離れてるエリアというのも意外ですね。今まで市役所職員はどうやって通勤してたのでしょうか?

投稿: 野洲 | 2008/10/20 23:23

こんばんは。

>野洲さん
そうなんです。おもむろに登場、キダタロー(笑)あの方、この仕事としてはかなり長い間携わってるはずなんです。電鉄自体のイメージも昔からあまりコテコテしてなくおしゃれな感じですし、関西大手の中でも2番手くらいというか、いい位置に居るんですよね。泥臭いイメージがある電鉄沿線に住む者にとっては羨ましくもあります(笑)

中之島は、個人的には関西はおろか、大阪以外の人は知らないと思ってたんですよ。中心といえば中心なのですが、どっちかというと歴史的建造物が多く残っている地区とあって、大阪市の象徴的なイメージのほうが強いです。

鉄道的には、島の中心部は土佐堀川を挟んで京阪本線が通ってますし、歩いても梅田まで15分ほど。なので市の職員さんは京阪か地下鉄淀屋橋、JR大阪駅利用が多いのでしょうか。島の西部の人は中之島線開通の恩恵を受けているかもしれませんね。天満橋-大江橋間は、現行の京阪本線の複々線が開通したというほうがいいのかもしれません。

大阪へお越しの節は、時間があれば歩いてみてください。各駅の、その目と鼻の先っぷりに驚かれると思います。

投稿: Yokochan | 2008/10/21 22:44

 前回「(地下鉄以外で、短絡線でも空港連絡鉄道でもない)純粋に沿線のために造られた新線の開業って、大手私鉄では、かなり久しぶり」とコメントしましたが、近鉄けいはんな線の存在をすっかり忘れておりました(汗)。一昨年開業した生駒以西は多分、地下鉄乗り入れがなくても実現していたであろう区間ですよね。もっとも、現実は地下鉄の延長も同然になってしまいましたけれど…。
 それより前で、「純粋に沿線のため」の大手私鉄の新線となると、平成2年の京王相模原線まで遡るみたいです。ただ、これも名目上は、都営地下鉄新宿線などと同じ東京10号線の一部ですから、それ以上に地下鉄などと無関係な「純粋」さを追求すると、平成元年の京阪鴨東線まで遡らなければならない様です。そう考えると、やっぱり、かなり久しぶりです。
 …って、これも京阪か(^ ^;)。すごいぞ京阪(^ ^;)。

 木の地下駅ですけど、ネット上を検索してみたところ、大阪日日新聞の記事に「ホームの壁に木材を使い」「四駅に使った木材の表面積は合計約一万平方メートル。これほど木をふんだんに取り入れた地下鉄の駅は国内に例がない」との記述を見付けました。
ttp://www.nnn.co.jp/dainichi/news/081010/20081010002.html
 どうやら本当に木みたいですね。おかしな規制緩和の一端なのか、それとも火事になっても怖くない驚きの新技術が隠されているのか。木だけに、何だか気になります。

投稿: ゴエン | 2008/10/27 21:51

 おっと、きれいにまとめていただき、ありがとうございます(^^)

 そうですね、近鉄けいはんな線…。忘れてました。本家近鉄とは全くと言っていいほど規格が違うため、どうも地下鉄の延長というイメージがあります。たまたま地下鉄の延長と合致したのか、計画に含まれていたものなのかは分からないのですが、純粋に本線系統の延長というとまた京阪に辿り着く、というところにこの会社の底力を見るような気がします。

 木のほうなんですが、その後いろいろ見てみましたら、京阪作成の開業パンフレットに木(無垢材)を採用、という文字を見つけました。特別に申請して許可をもらったのか、それとも規制緩和なのか…。やっぱり気になりますね(^^)

 そして「中之島」という終点の位置がやっぱり気になってしまうのですが、この先西九条を経て新桜島まで計画はされているようですが未定のようです。こちらはどうなるでしょうか…

投稿: Yokochan | 2008/10/27 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/42842622

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪中之島線、本日開通:

« 京阪中之島線、あす開通 | トップページ | 続・中之島線 »