« 去る国鉄型 | トップページ | 日本一 »

2008/11/09

名車の引退、相次ぐ

 先日0系引退の記事を書きましたが、今日は私鉄の名車の引退記事です。

 名鉄のパノラマカー7000系。こちらがこの12月の改正で全車引退をすることになりました。すでに6両編成は走っておらず、4両のに細々と走っている現状なのですが、それも来月限りとのことです。今日は引退するパノラマカーのうち、静態保存が決まった7001-7002号車の編成が引退前の最後の運転をするとのことで、行ってきました。このうち7001号車は保存に先立ち登場時の姿に戻された状態で、化粧直し後ただ一度きりの復活営業運転とのこと。

 朝ちょっと早起きして、0系こだま号の時間に合わせて新大阪駅に行ってみますとものすごい人出です。あらためてこの車両への愛着を持った方の多さを感じるといいましょうか。ちびっ子と年代の高い人が目立ちます。

Imgp5456

 休日ということもあるのでしょうけれども、この人数。現在唯一新大阪で日の高い時間に撮れる列車ということもあるからでしょうか。

Imgp5460

 なんだか今日引退してしまうような気持ちになります

Imgp5473

 隣ではN700系の試運転列車が止まっていました。おそらく落成直後の編成でしょう。時代の移り変わりを感じます。

 こだま号を見送り、のぞみ号で1時間、名古屋駅へ。ここから在来線で金山へ出、名鉄線に乗り換え、向かう先は検車場がある名古屋本線の本宿駅。ここから急行で2駅、伊奈駅までわずか15分間のささやかな復活運転です。

 整理券をもらってホームに入り、ほどなく列車がやってきましたが400人が一斉にカメラを向けるので、撮れません(汗)伊奈駅で折り返し時間を利用して1時間ほど写真が撮れる時間を取ってくれているそうなので、そちらで撮ることにします。

 名鉄電車。関西以外の私鉄だと一番馴染みのある私鉄です。青春18きっぷで名古屋でよく遊びに来たこともあり、パノラマカーにはよくお世話になりました。JRの切符があるのにわざわざ新名古屋と金山の間を名鉄電車に乗ったり。このパノラマカーはじめ個性的な電車が多く、好きな会社の一つなんですね。

Imgp5485

 どこか落ち着くこの風景。半室になった車掌台があり、この上に鐘があって、出発する時の「カチカチ」って合図が聞こえるんですよね。11時34分発車。11時59分伊奈駅に到着。列車は引き上げ線に移動して撮影タイムです。

Imgp5501

 こちらが復活した側の様子。行き先表示がなく、「フェニックス」というエンブレムが付いています。エンブレムを付けたりとか、全体の雰囲気、電車というより車に近いような印象を受けます。自動車王国に生まれた電車だからでしょうか。

Imgp5491

 運転台付近の様子ですが、よーく見ていただくと分かるのですが、運転台に上がる梯子から左がテカテカ、右側は少し色褪せた感じです。復活に際して化粧直しは前だけ塗りなおしたようで、大人の事情が見え隠れして、なんだか見てはいけないものを見てしまったような。

Imgp5502

 こちらは反対側の7002号車。この編成の両端2両が保存されるそうですが、こちらは特に手をつけられていません。個人的にはこちらのほうが見慣れていて、好きです。

Imgp5509

 しばらくして、2度と走ることのない線路を、検車場へと戻って行きました。名鉄といえば

Imgp5518

 この電車とパノラマカーが代表選手、という印象がある世代にとっては、また一つ、名車が往く、という思いが強いです。ちなみに、

Imgp5514

 このパノラマスーパー4両編成も今改正で引退だそうですが、こちらは人気薄…

 昭和36年に登場し、以来多くの人を運び続けてきた日本最初のパノラマ電車、最終運転は12月26日。特徴ある元祖ミュージックホーンを聞けるのも、あとわずかです。

|

« 去る国鉄型 | トップページ | 日本一 »

コメント

 名鉄パノラマカー、本当によくお世話になりました。
 私の親戚が鵜沼と知多半田にいてまして、当時の新名古屋からの大半はパノラマカーで移動してました。鵜沼と知多半田は名古屋本線とは別の直通ルートでして、新名古屋から両方向への移動のほか、両方向同士の移動もダイレクトに移動できて便利でした。今度の改正では犬山線から豊橋行き、河和から名古屋行きに分断されすそうです。
 初めて名鉄に乗った頃は戦前生まれの古豪も勇ましく走っておりました。パノラマカーの他では、モノコックボディで有名だった5000系、パノデラ、パノラマスーパー(4両)、古豪3800系etc…等にも乗りましたが、すべて過去帳入りしてしまうのは寂しいですね。この時代の名鉄らしさが残る車両は6000系、5700系、6両の1000系ぐらいでしょうか。
 引退するまでにもう一度乗ってみたいです、当たり前のように見られた普及の名車にparking

投稿: ME-T | 2008/11/11 21:07

沿線に親戚がいらっしゃったということでしたら、乗る機会も多かったことでしょう。鵜沼と知多半田、ドンピシャですね(^^)中部国際空港ができてからは種別や系統が変わったりし、いまいち呑み込めてない状態なのですが、また変わるんですか(汗)

僕が乗り始めたころは、イモムシがいましたねえ。すでに動態保存的な扱いでしたけれども、轟音を上げて走る古豪は魅力的でした。

パノラマカーですが、休日なら岐阜と須ケ口の間を行ったり来たりしていることが多いようです。名鉄公式ホームページにも時刻表付きの特設ページがありますので、馴染みの車両に乗ってみてください。

投稿: Yokochan | 2008/11/12 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/43061932

この記事へのトラックバック一覧です: 名車の引退、相次ぐ:

« 去る国鉄型 | トップページ | 日本一 »