« 箕面に行ってきました | トップページ | 始まりました »

2008/12/14

最後の最後

 11月30日で定期運行を終了した0系ですが、12月に入って臨時「ひかり」で週末に運用されてきました。今日はその最終日、本当に最後の0系運転日でして、見送りに行ってきました。

 新大阪は出発式が行われるそうでえらい混雑、新幹線でひと駅、新神戸まで移動します。

Img_8230

 新大阪に比べるとかなり少ないですが、ここも多くの人が居ました。ほとんどが0系を見にきた人たちです。老若男女問わず、年齢層が幅広いのが特徴ですね。

 そして実は最後の0系、臨時「ひかり347号」、新神戸は通過なんですね。トンネルから出て見えなくなるまで10秒弱、その10秒弱の為だけにこれだけの人が集まってくる、それだけこの車両が親しまれた証拠でしょう。多くの人に見送ってもらって、0系、本当に幸せ者(物)です。

 写真に撮るつもりでしたが直前になって曇りになり、シャッタースピードを上げることができないのでコンデジの動画に切り替えました。手持ちで見づらい映像ですが、よろしければどうぞ(一定期間を過ぎたら削除します)。

 新神戸を通過するひかり347号(AVIファイル、約3Mb、ご使用のOSがWindows Vistaの場合、正常に再生されないことがあります)

 かくて最後の0系は、新神戸駅に砂塵と枯葉を舞い上げて、行ってしまいました。

      ◆◆◆

 昭和の顔と言え、戦後日本の象徴であり、牽引車であった0系。

Dscf0168

 その象徴が今の時代に引退する、深い感慨を抱かずにはいられません。

Teczero

 新幹線が開通した昭和30年代、生活は今のように快適ではなかったかもしれませんが、

Dscf0162

 高度経済成長の折、今にはない夢や希望というものを多くの人々が抱いていたように思います。

Imgp3896

 今という時代は、閉塞感に溢れ、先行きが全く分からない時代です。

Imgp4079b

 過ぎ去ってしまった昭和の象徴の中に、夢や希望を置き忘れてきてしまったかのような錯覚を受けます。

Img_8238

 0系の技術が次世代の車両に生かされているように、人々の夢や希望は引き継がれるだろうか、そんな時代はまたやってくるだろうかと、不安を抱かずにはいられません。難しいことではあると思いますが、自身が夢や希望を持ち、新幹線を作り上げた人々が持っていた、頑張りや情熱というものを引き継げるようになりたい、と思います。

Imgp5456

 昭和は、時速250kmで過ぎ去りました。残されたホームには寂しさが漂いますが、次にやってくる列車が素晴らしいものであるよう、しっかりと前を向いて、社会の一員として頑張りたいものです。

Imgp5572

 ありがとう、『夢の超特急』。

|

« 箕面に行ってきました | トップページ | 始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/43419494

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の最後:

« 箕面に行ってきました | トップページ | 始まりました »