« 堺シャトル | トップページ | 阪堺電軌×東京都電 »

2010/04/25

阪和線

 今日は最地元のJRともいえる阪和線を見にちょろちょろしてきました。

 堺で散髪をし、普段乗るシャトルバス(大小路経由)とは違い、宿院経由の河内松原行きでお出かけ。川尻、宿院、大寺南門山之口…と違うバス停が続くのはちょいと新鮮でした。バス旅、やみつきになりそう(笑)。途中堺東駅前はどこに入るのかと思いきや、何と普段使う市役所前でした。ここ、数本のポールが立ち並んでいるのですが、シャトルバスが停まる部分は「市役所前」、その他は「堺東駅前」っていうんですね。知らんかった…。堺東駅前のバス停は数多いのですが、この系統は堺東駅前(市役所前)に停車し、そのあとそのまま西進、大小路橋で右折して26号線を走り、北花田口で右折、南海高野線を越えるという、想像していた府道30号線を経由しないルートでした。どーりでシャトルバスを待っていると、「阪和堺市駅前」と書かれたバスがあらぬ方向に走っていくわけだ…と納得した日曜の午後でしたhappy01

 で、このあと阪和堺市駅前に出て、ここからひと駅、JR阪和線。高校はこの沿線だったので毎日乗っていましたが、働き始めてから本当に乗らなくなりました、阪和線。快晴の浅香駅のホームに降り立ちました。

Img_0447

 はい、ここです。阪和線の中ではかなりポピュラーな撮影場所です。地元の地元だからか、ここでカメラを構えたことって、ほとんどありません。2回目ぐらい?先客がいらっしゃったので少し控えて待っていましたが、終わられたようなので、挨拶して交代。

 首都圏では201系が引退とのことですが、実はこの阪和線、ご存知の方が多いと思いますがまだまだ103系の独壇場です。カメラを構えていると来るわ来るわ。103系を含めた国鉄型のオンパレードです。

Img_0436b

Img_0438b

Img_0441b

 「くろしお」、気がついたら国鉄色は居なくなってました。

Img_0445b

Img_0450b_2

Img_0453b

 ぎりぎり国鉄世代?205系1000番台です。左窓が大きい左右非対称の顔は阪和線のオリジナル。0番台とは微妙に違います。

Img_0458b

 阪和線の中では新しいほうの103系。新製配置は日根野電車区で、阪和線生え抜きの車両です。

Img_0460

 こうやって見ると、広島、金沢といい勝負かもしれません。勿論

Img_0451

 こういったのも通るのですが、全体としては少数派で、大和路線とともにまだまだ103系が元気な印象が強い阪和線。全国的には貴重かもしれません。

Img_0461b_2

 このあたりから人が急に増えるんですよね。で、皆さんお待ちの電車は

Img_0464b

 こちらの電車でした。奈良と森ノ宮からの借り入れ?転属?の車両でグリーン+オレンジの普通電車でした。以前はこういう光景、割と頻繁に見られましたがこんなにカメラマン居なかったなあ…。確かに最近は区所間の転配が減ったり、移動前にきちんと塗りなおされたりで、こういう現象って減ってきましたので、記録の対象にはなりやすいのかもしれませんが…。情報としては知っていたのですが、実際に眺めることができて満足、満足happy01

 最近普段の仕事が忙しいので、休みの日を大事にするようになりました。家に居るのは寝てる時くらい。4月以降、家でごろごろすることって激減したかもしれません。休みの価値は平日で決まる、ってことですかねえ…。

|

« 堺シャトル | トップページ | 阪堺電軌×東京都電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/48181524

この記事へのトラックバック一覧です: 阪和線:

« 堺シャトル | トップページ | 阪堺電軌×東京都電 »