« 大阪のおっさん、夕暮れの日本海にたたずむ。 | トップページ | 国鉄っぽいフォント、JIS第二水準完成 »

2010/09/23

大阪のおっさん、トレジャーハンターになる。

◆9月11日(土)

 さて一週間に及ぶ北陸行、泣いても笑っても本日が最終日。今朝もいい天気です。どうやら旅行中、傘を使ったのは松本での1日だけ、ということになりそうです。

P1000833

 今日もそのまま大阪へ帰るには余裕のある日程。どこかに寄り道しようと思います。柏崎から普通電車を乗り継ぎ、たどり着いたのはここ。

P1000835

 富山なのに宮崎とはこれ如何に。ここで下車したのはヒスイ探しのためです。新潟南部~富山北部には、海岸の小石にまれにヒスイが混じるという、いわゆる「ヒスイ海岸」が点在します。昨日は糸魚川のヒスイ海岸に行ったのですが、「見つかるわけがない」と思い、全然探しはしなかったんです。昨日、それがどうも気にかかってまして、一度探してみようかと思い、糸魚川、青海、越中宮崎と3か所にある著名なヒスイ海岸のうち、まだ行ったことのないここで降りた、というわけです。

 さて宮崎のヒスイ海岸、

P1000836

 土曜日とあってか、結構人出があります。つりざおを出している人もいて、ここで釣りをしたら気持ちいいだろうなと思います。でも大半の人はヒスイ目当て、なのかもしれません。早速探してみます。

 とはいえ、何となくやってきて何となく探しても見つからないと思いますので、昨日の夜、ケータイで調べてました、ヒスイの見つけ方。それによると…。

 ・よいヒスイは磨くときれいな緑色だが、実際には白っぽく見える。
 ・基本的に大きい石は少ない。小さめの石が多い。
 ・質の良い石は太陽にかざすと光を通す。
 ・表面には味の素ようの光る結晶が含まれており、陽光に当てるとこの部分が反射する。
 ・ヒスイは重いので、黒い石が多いところにある白い石を探す(黒い石も重いため)

 …という、分かるような分からないような例しか書いてません。まあ金儲けで来てるわけでなし、遊び半分で見つかれば面白いかな、的な感じで探してみます。にわかトレジャーハンターsweat01恐らく見つからないとは思いますが、この行程が楽しいですね。童心に返って無心に棒で海岸の石をかき回してました。

 エビゾーはベトナムでルビーをたった4日で探したそうですが、ワタクシは国内で半分遊びでヒスイを探します。
何ともお気楽coldsweats01しかし…結構単純作業なんですよね。そのうち飽きてきます。集中できるのって1時間くらいでしょうか。休憩しもって探して約3時間。もう最後のほうは釣りの人と話したりしてましたhappy01

 「これがそうかな」と思って集めた石は10個程度。近くの土産物屋さんで簡易鑑定してもらえるそうで、ちょっと覗いてみます。ちょい個性的な店のオヤジ、「まあ、まずないと思うね」と言いながらおもむろに見てくれます。白を主体に集めた石を一瞥して「狙いはいい」とのこと。普通はもっと緑色をした石を持ってくるそうです。で、オヤジ曰く「ん?」

 さてここで問題です。下の画像の石の中に、ひとつだけヒスイの原石があります。どれでしょう。

P1000848

 正解は、一番左下の石です。写真では上手く色が出ていませんが、人に見てもらったところ、本当にうすく緑色が入っている、とのことです。正直、ワタクシには違いが今一つよくわかりませんが、ヒスイオヤジは一発で見つけたので、やっぱり何かが違うのでしょうね。とりあえずひとつ、見つかってよかったです。

 売り物には到底ならない石ですが、見つかると得られるらしい微妙な満足感をもって、電車に乗り込み、富山へ向かいます。このたび5度めの富山です。なんぼほど富山を通っているのでしょう。

 富山でも少し時間があったので、やっぱり気になる富山地方鉄道に乗ってひと駅、稲荷町へ向かいました。ここには車庫があるんですよね。

P1000839

 中小私鉄の車庫の片隅って、いろんなものがあってカオスですが、ここもやはり濃いことになってます。ラッシュ時のみに運転される、クハが2両並んでました。

P1000840

 この電車、オーソドックスかつ落ち着いたデザインで、電車っぽくて好きです。

P1000843

 こちらはホームから。真ん中の2枚窓の電車は、ラッシュ時のみ運用される電車の連結部分です。この鉄道、前に貫通扉の付いている電車がすくないので、連結時は幌をつながない(というかつなげない)んですよね。なので、このようなやっつけな顔をしてますが、シュールです。この連結面を見たかったんです。

 さて、富山から「サンダーバード」に乗れば、旅もいよいよ終わりです。いろんな所へ行き、いろんなことがありました。特に印象に残っているのは水平歩道とアルペンルート。特に水平歩道は、本当に来てよかったと思いました。次回は是非、阿曽原まで足を延ばしてみたいと思います。 次に訪れるのはいつになるか分かりませんが、その時までに鍛えないといけませんなあcatface

 久しぶりに宿泊付きの旅行に出た、ということもあったと思うのですが、本当に充実していたように思います。立山黒部、おすすめですよ!是非お越しください!!

|

« 大阪のおっさん、夕暮れの日本海にたたずむ。 | トップページ | 国鉄っぽいフォント、JIS第二水準完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/49538404

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のおっさん、トレジャーハンターになる。:

« 大阪のおっさん、夕暮れの日本海にたたずむ。 | トップページ | 国鉄っぽいフォント、JIS第二水準完成 »