« 大阪のおっさん、珍しく定番観光地をゆく。 | トップページ | 大阪のおっさん、後ろ髪引かれる。 »

2010/09/19

大阪のおっさん、長野でもまったりする。

◆9月8日(水)

 さてこの日は雨。台風が接近していたんですね。ただたまたまなのですが、この日は移動日。しかも松本→長野の短距離移動で、特に回る予定もなかった日。天気が良ければ長野電鉄のリンゴカラーの電車の写真を撮ってみたいなあと思っていたくらい。なので雨になり、全くのフリーに。出発前は入念な計画を練っていたのですが、それもアルペンルートまで。この日は水平歩道とアルペンルートで多分筋肉痛になっているだろうからと、ほぼ空きの日程を1日、差し込んでおいたんです。実際は筋肉痛はそんなに出ず、歩くことはできたんですが…。さて今日は何をしましょうか。

 何となくホテルは出たものの、さてどこに行こうか。とりあえず昨日帰りがけ、駅名が気になったこの駅へ。

P1000693

 読めないですよね。このあたりは「○○市場」という地名が多かったです。信濃大町にも九日町、三日町という町名がありました。おそらくこの日に市が立ったんでしょうね。

P1000694

 駅自体は、構内踏切があったりで、前身の私鉄の印象をよく残す駅でした。

 さらに松本に戻ってき、松電のバスターミナル上のテナントで長袖を買います。少し肌寒かったんですよね。で、松電バスターミナルに来たのはちょっとした思いつきがありまして。以前から松本近郊の温泉は気になってたんですよね。温泉天国・松本。特に鹿教湯(かけゆ)温泉。何だか、名前がいいでしょ?ところがバスの時刻を見ると日に数本のバスは発車したあと。ただ、市内にも美ヶ原・浅間という温泉があるので、行きやすそうな浅間温泉をチョイスしました。「松本の奥座敷」と呼ばれるこの温泉、何と市内循環バスで行けるんですよ!そんな市中心部から近いところに温泉があるなんて、本当にいいところです。バスは信州大学先回りと後回りがありますが、どちらに乗っても所要時間はそんなに変らなさそうです。しかもそれぞれが20分間隔でありますので、トータル10分間隔。何て便利なところでしょう。ただこのバスは浅間温泉の入口までしか行きません。少し歩くんです。温泉まで入るバスもありますが、これは本数少ないんですよね。歩けない距離ではないとのことなので、循環バスで行くことにします。

 バスで20分程度でしょうか、さらに温泉街を歩くこと20分ほどで目的の日帰り温泉施設「ホットプラザ浅間」到着。

P1000700

 早速入ってみます。お湯は無色透明な単純泉。サウナや露天部分もあり、結構充実してます。それに平日、

P1000701

 この空き具合

 たまりません

 久々にまったりした後は、ちょっと寄り道です。おまけ。

P1000703

 マイバス停coldsweats01循環バスの経由地にも指定されているようで、行き先表示にも名前が出てくるので大きいところかと思いきや、市街地のごくごく平凡なバス停でした。

 さて松本駅に戻ってきたあとは、おとなしく長野を目指します。ここから更に白骨温泉、という手もあったのかもしれませんが、少し遠いですから、遅くなっていたかもしれません。今から考えると、激混みのこの温泉、平日に訪れるというのもよかったかもしれませんが…。

 松本から長野へも割と通い慣れた道。久々に姨捨駅からの眺望を楽しみたかったのですが、標高が高いからか霧だらけで、善光寺平を拝むことはできませんでした。ちょっと残念。

 ということでこの日はおとなしく、やっぱり17時前にホテルに巣篭ってしまいましたとさ。ただこのホテル、トレインビューホテルだったんですよ。これはこれで楽しかったですよ。

|

« 大阪のおっさん、珍しく定番観光地をゆく。 | トップページ | 大阪のおっさん、後ろ髪引かれる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/49497617

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のおっさん、長野でもまったりする。:

» 温泉に行こう! [【ブログ-火曜日】こんなキーワード見つけました!(ヤプログ)]
最近会ってなかったので忘れていましたが、そういえば弟は長野県に住んでいるだった。まだ一度も弟の所には行ったことがないので、、、 [続きを読む]

受信: 2010/09/21 08:06

» 私は兼業主夫 [【ブログ-21日】人生は格闘技(香川県の地域ブログ、あしたさぬき.JP)]
とある事情からサラリーマンを辞めて兼業主夫になりました。 サラリーマン時代は決まった給料を貰えていましたが、兼業主夫になり自営業をやるようになると、そういう風にもいきません。 [続きを読む]

受信: 2010/09/21 08:53

« 大阪のおっさん、珍しく定番観光地をゆく。 | トップページ | 大阪のおっさん、後ろ髪引かれる。 »