« とりあえず存続 | トップページ | カップヌードルごはん »

2010/10/30

レア塗装車

 という触れ込みで10月18日(月)から運用を開始した阪堺電気軌道のモ164号車。「これがプレスリリースかいな」という文面のプレスリリースcoldsweats01によりますと、昭和60年に試験塗装を施したものと同一だそう。当時、あまり評判が良くなかったことからすぐに塗りなおされたようです。僕もこの塗装自体は覚えてないです。今回の復刻にあたって、「ビークル・スター」という愛称が付けられている?ようです。

 塗装を施されているのは旧型の非冷房、ということで、終日の運用はなかなかされないようで見かけることはなかったのですが、今日、やっと我孫子道で動いている姿をとらえることができました。

P1000932

P1000941

 で、運用を終了した後は、試験塗装時に塗りなおした塗装に再度塗り直しを行うのだそうで。試験塗装だけでなく、その経緯もリバイバル、ってマニアックすぎます阪堺電車。来年、阪堺線の開通100年を迎えるプレイベントのような位置づけのようです。ノリよく面白いことをしていただける、趣味人からすれば楽しい会社です。

 それから、今日堺市内から乗った時に気が付いたんですが、堺市内、微妙に乗客が増えているんですよね。前に交通調査をしていた際にも、乗客のおばちゃんが調査員に「どれもぎょうさん乗ってるやろ。ちゃんと数えといてや」みたいなことを言ってたので、何か運動のようなものをしているのかもしれません。いい傾向ではありますよね。積極的に活用したいと思います。

 ところで…気になるカオナシさんんほうですが…今日は大阪市内を中心に動いていたので、出会うことはありませんでした。どうやら堺市内区間に限って生息しているようですpaper

|

« とりあえず存続 | トップページ | カップヌードルごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/49897431

この記事へのトラックバック一覧です: レア塗装車:

« とりあえず存続 | トップページ | カップヌードルごはん »