« つけ麺を食べる | トップページ | 「こうのとり」その後 »

2010/11/18

「くろしお」に新型車両投入

 だそうです。

Img_0441b

Img_0460

 考えてみれば、いわゆる「ゴオサントオ」の昭和53年改正で電車になって以降、特殊性もありますが車両が変わってないんですよね。それこそ沿線住民からしてみれば空気のように自然な存在だった車両だけに、「いよいよ」という感が強いです。

 振り子車両なんですよね、この車両。乗り物に弱い人は酔います。なもんで、「『くろしお』は酔う!」と、この車両ゆえに南紀を敬遠する人も居たり、そういう意味ではちょっと不憫な列車だったり。

 で、新しい車両は「こうのとり」とほぼおんなじデザインですよこれ。「サンダーバード」、もう少し前だと「サンライズ」から続くこのお顔、あくまで趣味的観点からだけですが、ちょっとだけでもデザインを変えてくれると嬉しかったなあ、と思いました。同じ(似たような)デザインにすることで設計やその他もろもろの部分でコストダウンを出来るのでしょうし、経済的かつ合理的なのでしょうけれども、車にそれが求められるように、電車にもデザインという遊びが一定求められるものだと思いますし、会社や路線のイメージを決定づける重要なファクターだと思うんですがねえ…。

 通勤電車の単色化といい、どうも最近のJR西日本、車両がどんどんと道具化しているような気がします。国鉄時代もそういった側面はありましたけど、それより徹底しているような。それほどに会社的に大変な状況なのかもしれませんが…。みなさん、電車乗りましょうconfident

|

« つけ麺を食べる | トップページ | 「こうのとり」その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/50067698

この記事へのトラックバック一覧です: 「くろしお」に新型車両投入:

« つけ麺を食べる | トップページ | 「こうのとり」その後 »