« 関空夕景・夜景 | トップページ | ご近所ちい散歩 »

2011/07/23

「サザンプレミアム」一番乗り撮影会に行ってきました

 今日は地元南海電車の「サザンプレミアム・一番乗り撮影会」に行ってきました。こういった鉄分が濃いイベントに参加するのは本当に久しぶりのことです。昼下がり、難波駅まで行ってきました。

 ひととおり受付を済ませます。集まってる人は…やはり、若干濃い目(私含む)。男性率が圧倒的に高いですsweat01そんなもんですね。ちなみに、純粋な一般参加の乗車会は、今回が初めてになるそうな。

P1030192

 12時45分頃、ホームに上がります。すでに列車は入線しておりまして、車両は「団体」ではなく「試運転」の表示。運転上は試運転扱いなのでしょうか。

P1030196

 営業運転に入ると中間に入り込んでしまう難波方の先頭車です。和歌山方の先頭よりこっちのほうが貴重なんですよねpaper南海電車は基本的に難波方の先頭は前よりにパンタグラフがある場合が多いんですが、この車両は珍しく後よりにパンタが搭載されています。これの通勤型バージョンで、自由席車として併結相手となる8000系は前よりにパンタグラフがあるのですが、屋根を見ると無理やり先頭まで引き通し線を持ってきているので、後よりにパンタがあるほうが安上がりなのかもしれません。

 このサザンプレミアム・12000系と自由席車の8000系、元をたどればJR東日本のE231系に行きつくそうで、各所に経済性を重視した設計が施されているとも聞きますので、内装はどうなのかと若干気になっていたのですが…。

P1030200

 特急車の名に恥じない豪華さですよこれ。荷棚部分の出っ張りはプラズマクラスター機能付きの空気清浄機だそうで、大手私鉄では初めての採用とのこと。そのほか各席には電源付き、多目的スペースあり、そして何より走りだすと静かなんですよ。気密性が高いのかもしれません。防犯カメラが付いているのは時代といいますかsweat02

 電車は定刻に出発、臨時らしいゆったりしたスピードcoldsweats01で、途中で特急に抜かされたりしながらのんびり進みます。企画の趣旨からすれば、より長く乗ってられるので、有難いっちゃあ、有難いconfident47分かけて(通常は急行で40分弱)、車庫のある羽倉崎駅に到着です。この先にある車庫が撮影会会場です。

 電車は車庫に移動してそこで撮影会なのに、なんで乗って移動じゃなくて車庫まで歩きなんだろう…という素朴な疑問を抱きつつ、徒歩で移動coldsweats01僕は1号車乗車だったので着いたのは早かったのですが、全員揃ったところで撮影会と相成りました。平等ですね。混乱を避けるための措置なのでしょう。では早速…。

Img_2070

 この企画で、ここへ来てそっちかよcoldsweats01でも普段はなかなか撮れないんですよね。

 実はサプライズとして、「ラピート」が来てました!多分全車住ノ江所属で、普段はここに姿を見せる機会ってあまりないと思うのですが、いずれにしても貴重です。

Img_2155

P1030210

Img_2076

Img_2080

P1030217

P1030213

 そのうち、リクエストがあったのか、表示の切り替えが始まります。

Img_2101

 実際はまず走ることのないだろう行き先。意外と出来たりして。しかし、南海なら、そして漢なら

Img_2127

 やっぱ救援でしょgood

 …と、少しだけ乗車を先取り出来たツアー、概ね楽しかったです。ただ炎天下、日陰の少ないところでの撮影は、後半バテましたsweat01

 その容貌を表した新「サザン」、営業運転開始は9月です。

|

« 関空夕景・夜景 | トップページ | ご近所ちい散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/52350210

この記事へのトラックバック一覧です: 「サザンプレミアム」一番乗り撮影会に行ってきました:

« 関空夕景・夜景 | トップページ | ご近所ちい散歩 »