« げきちんにっき。 | トップページ | 開運号 »

2012/12/17

117系・伊吹山

 先日ですが、東海地区の東海道本線から、117系が来年3月をもって引退する旨の発表がありました。この地区の117系といえば、8両で朝の快速で走っている姿を思い出しますが、晩年は大垣近郊での運用が多くなり、青春18きっぷで東京へよく行った者にとっては、米原~大垣間でお世話になることの多い列車という印象のほうが強くなりました。

 でもって、米原と言えば18きっぷ族にとっては「米原ダッシュ」の勝負の場所でして(笑)12両編成の列車から4両編成へと激減する座席を巡って、乗り換えで席を取るべく走るわけですが、そういった余裕のない状況で、この車両の写真ってあまり(というか殆ど)まともに撮ってないんですよね。なもので、先週と先日の週末、2日間で撮りに行ってきました。

Img_2156

 1本だけ、国鉄時代の色に塗り戻されています。

Img_2440_2

 やはりこの地区…というとこの塗色の印象が強いですね。あっさりな塗り分けで、好きです。

 んでもって、鉄道写真ではよく見かける、伊吹山バックの撮影地に行ってきました。

Img_2465

 朝の8連です。117系では最長の編成、横から撮ると長さがよくわかりますねえ。

Img_2546

 しかし…西エリアにすむ者にとっては、まだがんがん走っているこの車両、なくなるという実感があまり湧かないですねcoldsweats01

 あ、それって103のときも、113系のときもそうだったような。

 西日本って車両がすんごく長持ちsweat01

|

« げきちんにっき。 | トップページ | 開運号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/56340099

この記事へのトラックバック一覧です: 117系・伊吹山:

« げきちんにっき。 | トップページ | 開運号 »