« 近鉄新型観光特急「しまかぜ」 | トップページ | げきちんにっき。 »

2012/12/02

京阪旧3000系「洛楽」

 最近個人的に何かとアツい京阪電車。今日は旧3000系(現8000系8030番台)が臨時快速特急「洛楽」に充当されるというので、なんちゃってカメラマン、撮りに行ってきました。

 「洛楽」は秋の行楽シーズンの休日を中心に、下り(京都方面行き)に2本の設定。このうち11月と12月の2日間だけにこの旧3000系が充当されました。

 そりゃあもうねこの日を首を長うして待っていたわけですよほんとってウソですcoldsweats01チェックしてはいたのですが忘れていて、写真の師匠に教えてもらいましたsweat01直前まで阪急の岡本に撮りにいこと思っていたのは気のせいですcatface

 一応早起きして、窓を開ければうす曇りcloud微妙ー…晴れそうな、そうでないような。ともかくやってきたのは京阪八幡市駅。ここの淀寄りの踏切が、晴れなら午前中順光になるんですよね…ってええーっ!

 フェ、フェンスでけとんがな…sweat01ヤバし。反対側の橋本寄りの踏切に行くとこちらも定員程度に人がすでにいらっしゃって、これ以上は入りづらい状況。どうしよう…sweat02

 ちょっと考えて、駅から徒歩で30分ほどはかかる淀~中書島間に行ってみることにしました。ただ、ここ晴れると電車の正面に日が当らないんですよね…。しかし、他に思い当るところがないので、電車の時間に間に合うことを確認して移動することにしました。

 でもって淀からてこてこ歩くこと30分、現場に到着。淀って競馬以外の用事で降りるのは初めてで、よってこの撮影地も初めてです。ネタな電車が走る日に、初めての撮影地。ある種度胸ありすぎです。超ポジティブconfident

 おもむろにカメラを構えるべく探すんですが、八幡市で時間を取ってしまったため、電車通過まであと30分少し。ここも有名な撮影地ですので、川沿いの築堤の道に沿ってずーっと写真を撮れるところが続くのですが、鴨川の等間隔カップルよろしく、ほんま絶妙な間隔で人がいらっしゃるんですわ。でもってすでにいい場所というんは当然にしてなくなっているわけで。撮りながら何となく探します。

Img_1791

 一枚め。架線柱が気になりますよね。

Img_1801

 二枚め。今度は異物検知?のワイヤーを支える支柱が気になりますよね。これ座った図なんですが、立って撮ると今度は上の送電のワイヤーがえらく目立ってしまいます。どうしようかな…もうちょっとええところ、ないんかいな…あっ、来てもうたがなsweat01

Img_1819

 …撮れたっ!撮れたけど、やっぱ何か微妙…sweat01

 ちなみに直前まで晴れておりまして正面の影はあきらめていたんですが、直前に曇っていただき、そちらについては本当に良かったですwink

 さらにこの後、近くの踏切で折り返しの特急を撮影することにしました。でね、ここがまたええとこなんですわ。一番いいのは午後からですが、直線を走ってきてちょっと首を振ってカーブにさしかかる構図はかっこええです。

Img_1849

 青いやつとか(LED切れたっ)、

Img_1855

 スクエアなやつとか、楽しんで撮ってました。

 先客の方がおひとりいらっしゃって、雑談しながら撮っていまして、三脚持ってきていないという話になり、何と有難いことに貸していただけることに。「熊出没注意catface」のステッカーが貼られた厳ついやつを貸していただきました。なっ、何ていい人…cryingここも時間帯的に曇っているほうがいいのですが、本命が来るころにはしっかり曇っていただけました。

Img_1871b

 あ、三脚…

 気にしなーいsign03

 この後さらに別の人と一緒に撮っていたのですが、師匠から、団体列車運転の話を教えてもらい、撮りに行くことに。実はさらにそのあとの旧3000系撮っていたもんで、時間がぎりぎりsweat02光善寺か枚方公園のホームで駅撮りすることにしました。

 枚方公園で降りたのですが、直前に急行被りの危機!何とか間に合い、パチリとcamera

Img_1952

 出来はともかく(汗)、久しぶりの1日近場鉄、充実した1日になりましたwink

|

« 近鉄新型観光特急「しまかぜ」 | トップページ | げきちんにっき。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/56238349

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪旧3000系「洛楽」:

« 近鉄新型観光特急「しまかぜ」 | トップページ | げきちんにっき。 »