« 京阪スタンプラリー・静岡編 | トップページ | 極私的京阪テレビカー »

2013/02/18

さよなら名鉄6600系&セントラルライナー

 ということで、昨日は表題のものを乗り&撮りに行っていました。いずれもこの3月で引退や廃止になるもので、お名残り乗車&撮影ですcamera

 早朝名古屋駅に降り立ち、瀬戸線のターミナル・栄町へ。瀬戸線は何回か乗っているのですが、実はこの栄町と大曽根の間は未乗車。乗りつぶしも兼ねてみました。今日のお目当ては6600系。34年間の活躍のあと、この3月に廃車となる電車です。本数少ないし、出会えるかな…と思いながらホームへと降りると、

P1070034

 いきなり遭遇

 車内を見まわしますと、かつてのパノラマカー世代の車両なのか、そこかしこに似た雰囲気を感じることが出来ます。外観上もクーラーが同じようなものが載ってますしね。これに乗って出発です。といいますか、とりあえず今日走ってくれてて良かったconfident

 尾張瀬戸まで乗って、晴れて瀬戸線完全乗車scissorsここから印場駅まで戻ります。降りてからまず駅の瀬戸寄りでパチリ。

Img_4663

 続いて駅の栄町寄りへ。ここは有名な撮影スポットだそうで、ここでしばらく撮っていました。

Img_4696

 現在の瀬戸線の主役・4000系。出来れば避けたい形式名かもしれませんが、新規枠がなくなって困った末の命名なのかもしれません。4って、避けますよね。

 電車は新しいので当然きれいですが、いちどきにどっと入ったのか、編成ごとの変化は乏しいようです。どれも同じように見えます。って、多分どれも同じだと思いますcoldsweats01 

Img_4678

Img_4702

 6000系。本線系統でもお馴染み、「ザ・名鉄通勤車」って感じですよね。この日は2編成動いてました。この顔見ますと安心しますcatface確か瀬戸線内には塗装できる検修設備がなかったですよね。そのせいか、どれもちょっと塗装がくすんだ感じ。本線系統の電車に比べて、ちょっとショボーンな感じに見えます。

Img_4685

Img_4710

 そして6600系。パノラマカーもそうですが、名鉄の電車って、電車なんですが微妙に車っぽいやつがいます。この6600系もそのような印象を受けるのですが、ゴツいスカートのせいなのかもしれません。

 その雄姿も3月まで。瀬戸線に生まれ、瀬戸線以外を走ることなく、瀬戸線で終わる。経歴的にこのような車両も、なかなか珍しいと思います。長い間、お疲れ様でしたclover

 さて、ここからは同じく3月でなくなるセントラルライナーを撮影しに、一路瑞浪へ。駅の北側で撮影します。

Img_4720

 後ろの山が特徴的ですね。こちらも有名な撮影地っぽいです。

 さてこの電車、3月改正で姿を消します。一部区間着席制のライナーだったのですが、奮わなかったのでしょうか、3月改正で姿を消します。昔は殆ど6両で、3両の電車ってなかったのと思うのですが、この辺が現状の利用率を表しているんでしょうねえ…。

 車両は新しいので他へ転用となるはずですが、この特徴的な塗装は…どうなるのでしょうねcoldsweats01

Img_4735

 少し場所を変えて撮影。個人的には、反対側の、幌が付いているほうがカッコよくて好きです。

Img_4788

 さらに場所を変えて、恵那あたりで。後ろに冠雪した山がありfuji印象的だったので、これを入れようとしてら、他にもいろんなものが入ってしまいましたsweat02

 それにしても…3両は寂しいですね。6両だったら良かったのですが…

Img_4792

 そしてさらに場所を変え、今度は武並付近で。すきなほうの面には日が当らないので、流してみたらちょと失敗sweat01流し撮りは難しいです。縦に切り取ってみました。

Img_4831

 最後にしなのなどを撮って帰ってきました。

Img_4865

 名古屋地区のなくなる2列車、駆け足での訪問でしたが、特にセントラルライナーはよくお世話になった列車。なくなるのはやはり寂しいものですね。

|

« 京阪スタンプラリー・静岡編 | トップページ | 極私的京阪テレビカー »

コメント

あら、お近くに(◎´∀`)ノ

印場の西側ですが、もう少し西の踏切に行くと教会(金城学院大)の塔が間近に広がりますよ。ただ、徒歩onlyですが…
車体の劣化は否めないですね。なるべくそういう部分を写さないように日々努力してます(苦笑)

瀬戸線生え抜きで瀬戸線で一生を終えた車両…明治~大正あたりでいくつか事例があるぐらいで、ほぼないといっても良いと思います。さすがに開業時のセルポレー式蒸気動車の他線転属はなかったようです(笑)

投稿: けい☆chan | 2013/02/18 23:27

そうなんです。お近くにお邪魔してました(^^)

印場の西側、そうなんですよね。車窓から見えていて知ってはいたのですが、同行者が「人工物は出来るだけ入れない」というポリシーの持ち主な方でしたので、提案はしませんでした。

僕がお邪魔した時は、6600系よりも6000系の塗装がちょっと薄い感じなのが居ましたねえ。検査周期の関係だとは思うのですが…。

特定の路線生え抜きの車両と言うのは、大手私鉄でも珍しいですよね。他の自社線とは接続しないという、瀬戸線独自の事情もあるのかもしれませんね。

投稿: Yokochan | 2013/02/19 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70462/56793939

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら名鉄6600系&セントラルライナー:

« 京阪スタンプラリー・静岡編 | トップページ | 極私的京阪テレビカー »